企業情報

沿革 History

組織 消耗品開発 機械開発
バレル研磨機 その他装置
1941

名古屋市南区に
大日本製砥㈱を設立

研削砥石を開発

1953

バレル研磨の研究開発を開始

1955
回転バレル研磨機を開発
1956

JIS指定工場受申許可(No.4879号)
ヴィトリファイド全種

1957

研磨石を開発(特許出願)

ジャイロ研磨機を開発

1959

バレル研磨の専門会社、
㈱敷島チップトン研磨石を設立

三角形オリジナルカットプレス研磨石を開発

1961

遠心バレル研磨機を開発
振動バレル研磨機を開発

1963

バレル研磨機の専門工場、(株)敷島マシンを設立

レシプロ研磨機を開発

1966

触媒担体の販売会社、
㈱敷島マルビーを設立

石油精製用、石油化学業界向けイナートボールを開発

1970

多重多段槽振動バレル研磨機を開発

1972

自動化システムの専門会社、㈱タックを設立

1973

バレル研磨の販売会社、
㈱チップトンエスポを設立。砥石と触媒担体の専門工場、㈱チップトン三重(のちチップトンテック)を四日市市阿倉川町に設立

不定形・微少切削
3P研磨石を開発

1977

無人化ジャイロ研磨機を開発

1984

全自動遠心バレル研磨機HS-200FA型を開発
歯科業界向けデンターライザーⅡを開発

1985

メカトロパビリオン(バレル研磨の無人化モデル工場)を公開

1987

㈱ツインネを設立

全自動ヘビーハイブリッドバレル研磨機開発

1992

高精度ブラシ装置、標準ブラッシング装置Parthenon(パルチノン)を開発

1993

グループ8社を
㈱チップトンに統合

環境配慮
ECOコンパウンドを開発

乾式渦流バレル研磨機開発

菓子用コーティング機CCMを開発

1994

米国にTipton US Corp.を設立

1995

振動搬送式脱磁選別機アンダー5 NS-400型を開発

2000

乾式遠心バレル研磨機開発

食品コーティング装置ECM型開発

2002

名古屋工場と四日市工場を飛島工場に移転統合

2004

ISO9001審査登録

2005

渦流バレル研磨機
クリアランスゼロを開発

2006

ISO14001審査登録

2008

新型遠心バレル研磨機
HS-2-4VIIを開発

2010

Tipton US Corp.を
Tipton Ceram Corp.に業態変更

2012

石油化学業界向け、ラシヒリングを開発

重圧バレル研磨機
マイティ・マイルドを開発

2013

コーティング装置ECX型を開発

2017

マイティ・マイルド デザイン機を開発

2018

テイラー渦流ナノリアクター
TaylorVortexFlowを開発

※消耗品は現在、研磨石は約1500種類。コンパウンドは約500種類にも上り、次々に開発し市場投入し続けています。