チップトンの技術 Technology

Founded in 1939
80年以上の実績とノウハウ。
選ばれ続ける理由をご紹介します。

受賞実績

企業としての受賞実績

  • 2018年 大臣表彰叙勲(旭日単光章) 小林史明(当社社長)
  • 2015年 マネージメントシステム 永年登録表彰
    (財)日本規格協会
  • 2010年 奨励功労賞
    (社)発明協会

製品の受賞実績

重圧バレル研磨機 『MightyMild』

  • 2019年6月 「全国発明表彰」経済産業大臣賞
    (公社)発明協会
  • 2019年4月 「中小企業優秀新技術・新製品賞」奨励賞
    (公財)りそな中小企業振興財団
  • 2018年7月 「機械工業デザイン賞」日本商工会議所会頭賞受賞
    (株)日刊工業新聞社
  • 2017年11月 「中部地方発明表彰」中部経済産業局長賞
    (公社)発明協会
  • 2015年6月 「愛知発明表彰」愛知発明賞
    (一社)愛知県発明協会
  • 2015年2月 「愛知環境賞」 名古屋市長賞
    愛知県

多重多段槽振動バレル 『Revolver』

  • 2001年4月 「科学技術振興功績者表彰」
    文部科学省
  • 2000年4月 「第59回注目発明選定」
    文部科学省
  • 2000年2月 発明大賞 鬼塚発明功労賞
    (財)日本発明振興協会
  • 1998年3月 中堅・中小企業新機械開発賞 機械振興協会会長賞(財)機械振興協会

コーティング装置 『Coaterow』

  • 2012年2月 「名古屋市工業技術グランプリ」名古屋市長賞
    (財)名古屋産業振興公社
  • 2006年2月 「発明大賞」発明功労賞
    (財)名古屋産業振興公社

渦流バレル研磨機 『Eddy-Plus』

  • 2000年6月 「愛知発明表彰」発明奨励賞
    文部科学省

認定・認証実績

  • 認定

    愛知ブランド企業
    ものづくりブランド
    NAGOYA
  • 認証

    ISO9001 審査登録企業ISO14001 審査登録企業

産業財産権1,211

  • 国内

    911

  • 海外

    300

2019年3月31日現在

産業財産権申請件数

1,211

産業財産権申請件数

1,211

産業財産権 国内 海外 合計
特許 463 203 666
実用新案 240 20 260
意匠 90 9 99
商標 118 68 186
合計 911 300 1,211
海外申請先 アメリカ、カナダ、ブラジル、オーストラリア、韓国、台湾、中国、香港、シンガポール、インド、マレーシア、インドネシア、タイ、イギリス、ドイツ、フランス、イタリア、スイス、スウェーデン、トルコ、ベルギー、オランダ、ルクセンブルク、オーストリア、スペイン、ポルトガル、アイルランド、フィンランド、デンマーク、ギリシャ、ロシア、フィリピン
海外申請先 アメリカ、カナダ、ブラジル、オーストラリア、韓国、台湾、中国、香港、シンガポール、インド、マレーシア、インドネシア、タイ、イギリス、ドイツ、フランス、イタリア、スイス、スウェーデン、トルコ、ベルギー、オランダ、ルクセンブルク、オーストリア、スペイン、ポルトガル、アイルランド、フィンランド、デンマーク、ギリシャ、ロシア、フィリピン

近年の主な開発成果

特許番号 発明の名称 技術内容
特開2019-19023 セラミック部材及び流路部材 石油精製蒸留塔における熱衝撃に強い充填材
特開2019-18285 バレル研磨用研磨石 研磨石のカケワレ低減を実現
特開2019-18285 バレル研磨用研磨石 研磨石の低摩耗化を実現
特開2018-47524 バレル槽 バレル蓋の締付を工具レス化
特開2017-164886 金属部品の表面処理方法 ワーク表面にアルミナ残留のないバレル研磨法
特許5939709 遠心バレル研磨機 重圧バレル研磨法における回転数制御技術
特許5555383 遠心バレル研磨装置及び遠心バレル研磨方法 研磨石の磨耗低減とワークのキズ低減を実現した
重圧バレル研磨法
特許5558435 振動バレル研磨装置 振動伝達効率を高めた長寿命振動バレル
特許4740419 コーティング装置 レボパンと渦流式を融合した食品向け
マルチスピンコーティング
特許4456145 乾式バレル研磨用メディア及び乾式バレル研磨方法 真珠の光沢研磨に優れた乾式メディア