グローバルメニューを読み飛ばしてコンテンツへグローバルメニューを読み飛ばしてローカルナビへ
株式会社チップトン
  お問い合わせ    English  TIPTON CERAM  KILEMAS
トップページ バレル研磨 石油精製・石油化学の充填材 食品コーティング 研削砥石 企業情報
バレル研磨入門
 
新製品
 
   Mighty・Mild
   ウエットブラスト
 
製品カテゴリー検索
 
研磨機条件検索
 
消耗品条件検索
 
研磨実績検索
 
導入までの流れ
 
サポート情報
 
技術開発
 
中古機売買情報
 
カタログダウンロード
 
SDSダウンロード
 
非該当証明書発行申請
 
お問い合わせはこちら
渦流バレル研磨機 Clearance-0 クリアランスゼロ EFF40CZ EFF15CZ Barrel Finishing
トップページ > バレル研磨 > 新製品 > Clearance-0 クリアランスゼロ

特許No.4130922
特許No.4156315
写真:Clearance-0 Clearance-0 クリアランスゼロ EFF40CZ EFF15CZ
クリアランス「0(ゼロ)」の採用により、研磨対象を拡大。小型精密部品の小ロット・多品種生産に最適です。


特長
・固定槽と回転槽のクリアランスが≒0に。
・従来使えなかった細かい研磨石の使用が可能。
・従来制限されていた小さい部品も研磨できます。
・研磨量を従来機比1.5倍にアップ。

用途
工作物のバリ・カエリ取り、R付け及び重切削から仕上げ加工に最適です。

カタログダウンロード
pdf
クリアランスゼロカタログ   ( PDF/2,048KB )
動画配信
動画を見る
ファイルサイズ 7.69MB
ビットレート 約4286kbps
ファイル形式 MPG


こだわりのポイント!
クリアランス「0(ゼロ)」とは 自動化システムの構築例
クリアランス「0(ゼロ)」シリーズの小型機 オプション
仕様    


クリアランス「0(ゼロ)」とは
クリアランスとは、固定槽と回転槽の境界にできる1o〜1.5oのスキ間のこと。従来の渦流バレル研磨機では、3o以下の研磨石を使用したり、3o以下のサイズの部品を研磨したりすることは、このスキ間に詰まってしまうために、不可とされていました。クリアランス「0(ゼロ)」では回転槽側に耐磨耗性の高いセラミックスを使用し、固定槽が自重でその上に乗ることで、接触摺動しクリアランス≒0にしています(特許申請済)。
これにより、従来不可であった小サイズの研磨石の使用や部品の研磨が可能となり、あらゆる研削条件に対応できるようになりました。


研磨のしくみと流れ
 
クリアランス「0(ゼロ)」では、固定槽と回転槽が接触した状態で回転槽が回るため、摺動面に水を通して両者の摩擦を抑えます。
(1) アンダープレート内に水を供給。
(2) アンダープレートが水で満たされると、摺動面からバレル槽内に水が常時流れ出る。
(3) 回転槽を作動させ、バレル槽上方より研磨水を供給しながら研磨する。
(4) 余剰の研磨水は、常時センターポールより排出される。


自動でマスを排出
 
エアーシリンダーロック機構 反転排出時
エアーシリンダー
ロック機構
反転排出時
マス排出時には固定槽を自動的にロックし、バレル槽を反転します。

 ※特許No.4130922(固定槽の自動ロック機構)


研磨量を大幅に増大
<従来機比 1.5倍
研磨時間短縮機を採用し、高速なオペレーションで安定した性能を発揮。さらにクリアランス「0(ゼロ)」の機能ともあいまって、大量加工作業の効率化に大きく貢献します。
機種 研磨量 光沢度 表面粗さ 仕事量
対比 ※1 対比 対比 対比 ※2
新型機 EFF40CZ 150 55 168 118
従来機 EFF40R 100 100 100 100
※1 研磨量は、当社標準テストピース(SUS)の30分研磨による比較で従来機EFF40Rを100とする。
※2 仕事量は、「研磨量/研磨石の磨耗率」で算出した値。




自動化システムの構築例
EFF15CZ System(特許No.4156315)当機と収納棚、コンベア、投入機等、周辺機器を組み合わせ、加工するワーク、数量等に合わせてシステムを構築。全自動運転プログラムによるオペレーションが研磨作業を飛躍的に効率化させます。


システム5つの特長
 
サイクルタイム 研磨稼働率
(1) クリアランス「0(ゼロ)」
今まで渦流研磨機では使用できなかった小型精密部品、砥材、極小研磨石等の利用が可能。
(2) 小物・小ロット多品種対応
システム内にメディアを2種類ストック、選別機2種類を入替可能に配置することで多品種対応が可能。
(3) INライン対応
メディアとワークの回流には市販の小型バケットを使用。投入、取り出し部を個別対応すれば、そのままINライン対応可能。
(4) 高稼働率
メディアを2槽分ストックすることで、研磨中に前のバッチの選別、そして次のバッチの準備を行う。研磨機を停止させるのはマス投入時のみとすることで研磨機稼働率の向上が可能。
(5) 省スペース
コンパクト渦流研磨機本体に見合った省スペースでシステムを実現。装置占有面積を最小限に抑える。




クリアランス「0(ゼロ)」シリーズの小型機
コンパクトながら強力な研磨性能
 
EFF15CZ
EFF15CZ
バレル槽が15Lサイズのラインナップもご用意。
IT関連部品など、小型精密部品の研磨作業に最適です。

■操作画面(例)
操作画面(例)
自動選択 手動選択




オプション
EFF40CZ用吊上装置:固定槽着脱用(保守点検時)を準備しております。


仕様
機種 実槽容量(L) 実効容量(L) 床面積(mm) 全高(mm) 重量(kg) モータ(kW)
EFF90CZ 90 45 1230×2740 1840 約900 約5.5
EFF40CZ 46 23 1260×1270 1755 約850 3.7
EFF15CZ 15 7.5 1030×905 1406 約130 1.5
EFF15D 15 7.5 1200×650 1275 約160 1.5
製品の仕様等は改良のため予告なく変更することがあります。
EFF15Dは乾式仕様のためクリアランスゼロではありません。





  PDF形式のデータをご覧になるためには、Adobe Reader®が必要です。パソコンにインストールされていない方は右上のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。
(別ウィンドウで開きます)
Adobe Reader
Adobe Reader
 
お問い合わせはこちら

  バレル研磨のトップへ戻る


トップページ バレル研磨 石油精製・石油化学の充填材 食品コーティング 研削砥石 企業情報
個人情報保護方針 サイトマップ
Copyright(c)2006 Tipton Corp.All Right Reserved.